バルセロナ、ネイマールの後釜にグリーズマン獲得を狙っていた? 交渉は失敗へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 今夏の移籍市場でバルセロナはFWネイマールを移籍金22200万ユーロという巨額の条件でパリ・サンジェルマンに強奪された。

 その代役確保に奔走していたものの、最終的にボルシア・ドルトムントからMFウスマン・デンベレを獲得したのみ。

 リヴァプール所属のMFフィリペ・コウチーニョ獲得を狙っていたものの、これも失敗。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 だが、その裏でアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマン獲得に向け交渉を進めていたようだ。

 報道によると、バルセロナはアトレティコに対し12400万ポンドのオファーを提示したという。

 だが、この夏アトレティコはFIFAから補強禁止処分を受けており、チームの絶対的エースであるグリーズマンの放出を断固拒否。

 今年7月、グリーズマン本人がクラブに忠誠を誓っていたため、この取引は実現することがなかった。

 

LINEで送る
Pocket