レヴァンドフスキ移籍が濃厚のバイエルン、ルンメニゲCEOが改めて売却を否定

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

https://twitter.com/GoalJP_Official/status/980310202598572033

 

 

 バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、今夏の去就が注目されるFWロベルト・レヴァンドフスキの去就について明らかにした。

 

「 ローマでレアル・マドリーの関係者とあった。レヴァンドフスキに関することは話されていないよ 」

 

 

「 マドリーの人々はレヴァンドフスキがバイエルンとの契約を3年残していることは分かっている、彼は来シーズンもバイエルンでプレーするだろう 」

 

 シーズン途中に代理人を変更したことで移籍の可能性が表面化。
 選手自身、レアル・マドリーでのプレーを熱望し移籍を志願するコメントを残し続けてきた。

 

 二転三転するレヴァンドフスキの去就だが、クラブ側は放出を頑なに拒否している現状を考えると、獲得を望むクラブは交渉が難航する恐れがあるだろう。

 

LINEで送る
Pocket