ロシツキーが現役引退を正式発表

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 スパルタ・プラハに所属していたMFトーマス・ロシツキー。過去にアーセナルやボルシア・ドルトムントでプレーしたロシツキーが現役生活から引退することを正式発表した。

 

「 このことについて長い間考えたが、プロ選手としての生活を送るため、自分の体のフィットネスをもう維持できないといった結論に至った 」

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

「 スパルタには僕のことを育ててくれたこと、ビッグクラブでのキャリアに向かうに当たって最初のステップになってくれたこと、そしてここで僕が最も愛する場所で別れを告げる機会を与えてくれたことに感謝したい 」

 

 『 リトル・モーツァルト 』の愛称で親しまれてきたロシツキー。
 キャリアで最も充実した時をアーセナルで過ごし、同クラブで公式戦248試合に出場しチームの中心選手として活躍した。

 

 アーセナルでのキャリア終盤では多くの負傷に悩まされフィジカルコンディションの維持に苦慮していたロシツキ。
 順風満帆な現役生活を証明するべく、チェコ代表で105キャップを記録するなど欧州を代表する司令塔として活躍した。

 

LINEで送る
Pocket