モンテッラ監督解任までカウントダウン、低迷のチームを立て直すことができず

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ACミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のカウントダウンが近づいているようだ
 現地時間2日に行われたヨーロッパリーグのAEkアテネ戦を、スコアレスドローで終えた。

 

 報道がなされた直近2試合の結果如何で解任の可能性が伝えられたモンテッラ監督だが、これを1敗1分と苦しい結果に。
 苦しい現状を受け、モンテッラ監督は自身の立ち位置について次のようなコメントを残した。

 

「 ここしばらく、自分の葬式を見ているようだ。クラブは私を信頼していると信じているが、最近は結果が伴っていないからね 」

 

 今季ミランは、来季のチャンピオンズリーグ出場権確保できるリーグ4位以内でフィニッシュしなければならない。
 クラブフロントも、CL出場権確保に向け今夏の移籍市場で大型補強を断行。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 

 現時点では、この大型補強が身を結んでいない。
 ミランの悪しき伝統である現場無視の戦力補強が大きく足を引っ張っていることは間違い無いだろう。

 

 モンテッラ監督に残された時間は、本当にわずかしか無い。
 セリエA第12節のサッスオーロ戦で、満足いく結果を残すことができなければ即解任に動く可能性は非常に高い。

 

 モンテッラ監督は、チームとともにハードワークしていくことを次のように強調し必勝の誓いを立てた。

 

「 私たちはハードワークを続ける必要があるし、みんなが力を出し切ってくれることを願っている。私たちは自分たちのゴールチャンスを創出だけではなく、ディフェンス面でも集中して不用意な取りこぼしを無くす必要がある 」

 

 今のミランは、決定力不足、守備組織の崩壊と着手しなければならない問題が散見している。
 上位クラブと決定的に異なるのは決定力不足だ。

 

 これを如何にして解消していくこととなるか、早急な問題解決が求められる。

 

LINEで送る
Pocket