モウリーニョ監督がパリ・サンジェルマンの監督に就任?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督。解体されたユナイテッドというクラブを徐々にまとめつつあるモウリーニョ監督だが、自身のキャリアについて次なる展望を画策しているようだ。

 

「 私はまだ悩み、野心を持ち、新しいことを行いたいと考えている監督だ。私がここで自分のキャリアを終わらせることははないと確信している 」

 

 2019年にユナイテッドとの現行契約が満了を迎えるモウリーニョ監督。
 クラブ側は、長期政権構築に向け破格の新契約を用意している。

 

 だが、モウリーニョ監督は、常に挑戦を求める指揮官であり、一つのクラブにとどまり続けることは困難だと考えている様子。
 去就が決定するのは鬼門の来季だろう。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 モウリーニョ監督は、就任2シーズン目に大きな結果を残し続けてきた。
 今季、大きな仕事を成し遂げなければならない現状であり、万が一成績が振るわなかった場合、ユナイテッド退任という決断を下すことになるかもしれない。

 

 自身がパリSGに強い魅力を惹かれているようで、『 なぜパリか、って?ここには特別なものがあるからだ。マジック、クオリティー、若さ、それは素晴らしい 』とコメントしている。

 

 今回のコメントは、多分にリップサービスが含まれていることは間違いないが、相手はマーケットを破壊するだけの資金力を持つパリSGだ。
 恒常的にウナイ・エメリ監督に解任の可能性が伝えられ、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の引き抜きが噂された。

 

 パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、チャンスがあれば指揮官交代を画策しており、モウリーニョ監督のリップサービスをどのように受け取るのか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket