バイエルン解任のアンチェロッティ氏、古巣ミラン復帰の噂もSDが否定

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ACミランのマッシミリアーノ・ミラベッリSDが、先日バイエルン・ミュンヘンの指揮官を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏の招聘の噂を完全否定した。

 

 現地時間24日に行われたサンプドリア戦で完敗。
 補強した戦力のパフォーマンスを活かすことができていないと酷評されるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督。

 

 だが、ミラベッリSDはアンチェロッティ氏の復帰を否定し、次のようなコメントを残した。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

「 アンチェロッティの解任はとても残念なことだ。だがミランには、アンチェロッティよりも若く、彼と同等の才能を持っている監督がいる。彼を完全に信頼しているし、できる限り支えたい。彼のプロエクトを最後まで見届けたい 」

 

 現首脳陣は、過去のそれはと異なる考えを持っているようだ。
 これまでモンテッラ監督に熱烈なラブコールを送り続け、昨年夏に招聘を実現させたミラン。

 

 経営陣が、クラブを売却し新体制となった今季。
 闇雲に獲得した選手を現場に押し付け、結果が伴わないと“ 即解任 ”に動くクラブが多いが、現在のミランはそれとは異なる姿勢にあるようだ。

 

 新戦力がチームにフィットするには、一定の時間が必要であると考えられており、ミラン首脳陣は当面現状を見守っていくようだ。

 

LINEで送る
Pocket