ついにレジェンドが帰還へ、ギグス氏がウェーズル代表監督就任へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ウェールズサッカー協会が、新代表監督に母国レジェンドであるライアン・ギグス氏を招聘することを発表した。
 契約期間は4年間。カタール・ワールドカップまで代表を率いることになる。

 

 これまで代表監督を率いていたクリス・コールマン氏が、2017年11月にサンダーランドの指揮官就任が決定したため、同協会は新監督人事に着手。
 最終的に4人の候補まで絞り込まれ、面談した結果ギグス氏と正式契約を締結することが決定した。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 

 1991年にウェールズ代表デビューを飾ったギグス氏は、2007年の代表引退まで64試合に出場し12ゴールをマーク。
 マンチェスター・ユナイテッドで数多くのタイトルを獲得し、その後ユナイテッドで暫定監督ながら同クラブで采配を振るった。

 

 ウェールズ代表にとって、母国のレジェンドが代表チームを率いることを求めるサポーターの数は多かったはず。
 ギグス氏は、EURO2020本大会出場に向け尽力を続けていくこととなりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket