移籍が噂のグリーズマン、バイエルン・ミュンヘンがグリーズマン獲得に3度目のオファーを提示か?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 アトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマン。今季の低迷で今後のチームプランに入っていないのかもしれない。
 すでに、クラブ関係者は市場額の下落に備え、今冬の移籍市場で契約解除金満額である1億ユーロで交渉の席に着くと示唆している。

 そんななか、兼ねてからグリーズマン獲得に関心を示していたバイエルン・ミュンヘンが獲得に名乗りを上げた様子。
 一部のメディアでは、バルセロナ移籍で基本合意に達していると伝えられるグリーズマン。

 だが、過去に2度バルセロナに対しバイエルンは獲得オファーを提示しているように、獲得の可能性を探っていたことは間違いない。
 この話が実現しなかったのは、当時の強化部長であったミヒャエル・レシュケ氏が頑として首を縦に降らなかったため、取引が実現することはなかった。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 だが、今季は状況が異なる。キャリアはと言っていいほどの低調なパフォーマンスに終始している。
 とはいえ、やはりグリーズマンだ。

 マーケットに出回ればしかず多くのビッグクラブが獲得争奪戦を繰り広げることは必須。
 グリーズマンはすでにバルセロナと口頭ながら事前オファーをりょ承諾しているという。

 だが、サッカー界の世界で応答の事前合意などあってないようなもの。
 グリーズマンのファオーストチョイスは、現時点でアトレティコ残留という線が色恋が、一転して退団となれば、欧州のメガクラブを中心に熾烈な争奪戦が繰り広げられることとなるだるう。

 

 バイエルンとしては、移籍金の大きなターニングポイントとされているのがロシア・ワールドカップだ。
 仮に、この試合でMVPやワールドカップを¥代表としてして制覇させることに成功すれば、さらに市場価値は上昇することとなるだろう。

 早ければ、今冬にも取引が行われるのではないかと噂されており、今後の動きに注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket