来夏の注目銘柄!レマル争奪戦にチェルシー参戦へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 来夏の移籍市場でアーセナルやリヴァプールが獲得に関心を示しているASモナコ所属のMFトーマス・レマル。
 今夏もレマル獲得に動いたアーセナルとリヴァプールの両クラブだが、特にアーセナルはFWアレクシス・サンチェスの後釜としてレマル獲得を目論んでおり9200万ポンドのオファーを提示したと言う。

 

 このオファーにモナコは快諾しようとしていた一方で、今季終了後にロシア・ワールドカップ出場を目指すレマル自身がプレミアリーグ移籍を拒否したため、取引が破断。
 レマル獲得が目前に迫っていたアーセナルは、一転してマンチェスター・シティ移籍が噂されていたA・サンチェス残留を決断していた。

 

 だが、ワールドカップ終了した時点で状況は一変するだろう。
 レマルにとって、ワールドカップが終了した時点で、しがらみはなくなる。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 すでにリーグ・アンの枠に収まる選手ではなく、ステップアップを模索していることは間違いない。
 クラブとの現行契約を2020年まで残しているが、欧州そしてリーグ戦でパリ・サンジェルマンの後塵を拝しており、現クラブからの移籍を求めていると言う。

 

 マーケットに出回ることとなれば、争奪戦は必須だ。夏に獲得の可能性を探ったアーセナルやリヴァプールに続きプレミア前回覇者のチェルシーも参戦する準備を進めている。

 

 夏から継続してストライカーの補強を画策するチェルシー。
 アントニオ・コンテ監督がよく知るFWフェルナンド・ジョレンテ獲得に失敗し、アルバロ・モラタをマドリーから引き抜いた現状にある。

 

 コンテ監督は、2トップ構築を模索しており、冬のマーケットでビッグネーム獲得を目指している。
 不透明なレマルの去就だが、プレミア勢の3クラブによる熾烈な争奪戦が繰り広げられるることは確実しと見られているのだが。

 

LINEで送る
Pocket