前線のテコ入れを図るエヴァートン、噂通りトルコ代表ストライカー獲得へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ベジクタシュ所属のジェンク・トスン。今冬の移籍市場で攻撃陣のテコ入れを画策するエヴァートンが、トスンを獲得したことを正式発表した。

 

 今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドにFWロメウ・ルカクを売却し、純粋なCFの獲得を見送ったため今季得点力不足に頭を抱えていた。

 

 リーグ前半戦で低迷し、ロナルド・クーマン前監督を解任するなど混乱続きであったが、サム・アラダイス新監督を迎え一応の落ち着きを取り戻しつつある。
 だが、得点力不足という問題は解消せず、マーケットで実力者獲得に注力していた。

 

 トスン獲得が決まったエヴァートンは、クラブを率いるアラダイス監督は次のようなコメントを残し選手のパフォーマンスに大きな期待を寄せている。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

「 彼は強いメンタリティを持っているように移る。彼はトルコで1番のストライカーで、チャンピオンンズリーグでも得点を奪っている。それにオールラウンダーで両足を器用に仕え、空中戦も強い。能力、得点感覚、信頼性、どれを取ってもこの移籍金で獲得できる彼以上の選手はいない 」

 

 同時に、プレミアリーグ挑戦が決定したトスンも次のように意気込みを見せている。

 

「 エヴァートンは歴史と文化のある偉大なクラブだ。サポーターの前でプレーできることを楽しみにしている。ウィン・ルーニーなど素晴らしい選手と共にプレーでできることにワクワクしているし、彼らから多くのことを学びたいとも思っている 」

 

 ルカクという前任者のインパクトが大きかっただけに、トスンにのしかかる重圧は相当魔物。
 その移籍金の高さもさることながら、チームの得点力不足の解消が1人の選手の方にのしかかることとなる。

 

 プレミアリーグ初挑戦となるトスンだが、シーズン後半戦の巻き返しに向けた大きな起爆剤となるか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket