低迷続きのミラン、後半戦巻き返しにチェコ代表の申請を獲得か?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 今夏の移籍市場で大型補強を断行したものの、低調なパフォーマンスに終始しているACミラン。
 リーグ後半戦に向け立て直しに向け更なる戦力補強を画策しており、そのターゲットとされているがのウディネーゼ所属のMFヤクブ・ヤンクトだという。

 

 報道によると、ミランはウディネーゼで大きなインパクトが残るプレーを披露しているヤンクトに白羽の矢を立てた様子。
 すでにマッシミリアーノ・ミラベッリSDが、今冬の移籍市場でヤンクト獲得を目指し接触したという。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 ヤンクトは、今夏の移籍市場でもアーセナルやストーク・シティ等が獲得に関心を示していた。
 昨季トップチームデビューを果たすと、リーグ戦で29試合に出場し5ゴール4アシストを記録するなど大ブレイク。

 

 今季も、この好調を維持しており、すでにリーグ戦で15試合に出場し3ゴールをマークする活躍を披露している。
 ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を迎えた新生ミラン。

 

 クリスマス休暇を返上し、後半戦巻き返しに向け積極的な姿勢を貫いているが、ヤンクト獲得で一つのきっかけを作ることができるか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket