リヴァプールで構想外のサコー、クリスタル・パレスからのオファーを拒否

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 リヴァプール所属のDFママドゥ・サコー。今夏の移籍市場でクリスタル・パレスからの獲得オファーを拒否したことが明らかとなった。

 昨冬の移籍市場にレンタル契約でクリスタル・パレスに加入したサコー。
 パレスのプレミアリーグ残留に大きく貢献するパフォーマンスを披露していた。今季、残留と上位進出に向け最終ラインの構築を掲げているパレスは、サコーを完全移籍で獲得を望んでいる様子。

 ユルゲン・クロップ監督の構想外とされているサコー対し、パレスはリヴァプールに対し獲得の可能性を打診。
 だが、リヴァプールが求める高額な移籍金がネックとなり、一時獲得交渉から撤退したと噂されてきたが、水面下では交渉が続けられていたようだ。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 パレスはリヴァプールに対し、移籍金2200万ポンドに300万ポンドのボーナスが付与されたオファーを提示したものの、リヴァプールはこのオファーを拒否したようだ。
 リヴァプール側は、サコーの売却に3000万ポンドを要求しており、最初からブレはない。

 3000万ポンド満額が支払われない限りサコーの対談を認める方針はない模様。
 とはいえ、サコーはプレミアリーグ開幕ご、ベンチに座ることも許されず、実質戦力外となっている。

 サコーを抱えることを決断したリヴァプールは、安価での売却は考慮していない。
 パレスの他にもレスター・シティやウェスト・ブロムウィッチといったクラブが獲得に関心を示している。

 選手本人は、昨季後半戦大きなインパクトを与えるパフォーマンスを披露したパレスへの移籍を求めているとされている。
 パレスは最後までサコー獲得に向けリヴァプールと交渉を重ねるとされているが、クラブ間合意に至らなかった場合、他クラブへの移籍を考慮に入れているとされているのだが。

 

LINEで送る
Pocket