ユナイテッドとの契約延長を噂のエレーラ、新契約締結を拒否しバルセロナ移籍か?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 マンチェスター・ユナイテッド所属のMFアンデル・エレーラ。ユナイテッドはエレーラと契約延長に向け動きを本格化させている。
 エレーラとユナイテッドの現行契約は2018年に満了を迎える。( 1年の自動延長のオプションあり )

 

 昨季、苦しい戦いを強いられたユナイテッドだが、そんなクラブを中盤で献身的に支えクラブの年間MVPに輝いたエレーラ。
 今季、リーグ第8節を終了した時点で先発出場はわずか2試合。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 

 ユナイテッドは、今夏の移籍市場でチェルシーからMFネマニャ・マティッチを獲得したため、出場機会が激減しているのが現状だ。
 これまでユナイテッド側は、エレーラとの契約延長を楽観視する姿勢を見せてきたが、いよいよ難しい状況が迫っているのかもしれない。

 

 そんなエレーラが新天地として選択しようとしているのが、かつての恩師エルネスト・バルベルデ監督率いるバルセロナだ。
 今夏の移籍市場でバルセロナがエレーラ獲得に関心を示していたこともあり、同選手を高く評価していることは間違いない。

 

 2014年夏に3600万ユーロの移籍金を投資しユナイテッドへ加入したエレーラ。
 その献身的なパフォーマンスでファンからは次期キャプテンに推す声もあるエレーラだけに、“ 移籍金ゼロ ”で手放すことは考えたくない事実だろう。

 

LINEで送る
Pocket