マドリーがケインとデレ・アリ獲得で仰天プランを掲げる! ベンゼマ譲渡で活路を見出すか?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 来夏の移籍市場でレアル・マドリーがトッテナム所属のFWハリー・ケイン、MFデレ・アリの両選手を獲得すべく仰天プランを画策しているようだ。

 

 現地時間17日に行われたチャンピオンズリーググループステージのトッテナム戦を前に、フロレンティーナ・ペレス会長とダニエル・レヴィ会長が会食の場を設けた。

 

 この会食の大きな目的は、ケインとデレ・アリの将来について交渉だ。
 兼ねてからケインとデレ・アリ獲得を望むペレス会長は、この会食の場でFWカリム・ベンゼマを譲渡する考えがあると伝えた様子。

 

 マドリーで不動のCFとして活躍するベンゼマだが、近年は負傷の影響などもあり、戦列から離脱することが多い。
 29歳を迎えベテランの域に差し掛かったベンゼマ。

 

 ケイン、デレ・アリを獲得することができるなら、躊躇なくベンゼマを差し出す考えを持っているという。
 だが、この交渉の前に解決しなければならない問題は多い。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 

 昨季、マドリーで大ブレイクを果たし、今夏の移籍市場でチェルシーへ移籍したFWアルバロ・モラタ。
 マドリーの将来を担うストライカーであったはずのモラタ売却に踏み切ったのが、ベンゼマを重要視し続けるジネディーヌ・ジダン監督の存在だ。

 

 この夏、ペレス会長が画策した大型補強をことごとく断り続け、現スカッドに趣を置いたジダン監督は、ことの外ベンゼマを高く評価している。
 ベテランの年齢に差しかかりつつあるベンゼマを、今後も主軸として据えローテーションでことなきを得ようとしているジダン監督。

 

 だが、チームはシーズンを重ねるたびに、高齢化の一途をたどっている。
 ジダン監督就任後、スタメンに名を連ねる面々はさほど変わっていないのが現状。

 

 イスコやマルコス・アセンシオ、ルーカス・バスケスといった選手の急成長は喜ぶべきことだが、準レギュラーといった立ち位置が現状。
 黄金期入口に差し掛かったマドリーだが、トッテナムの主力2選手獲得はクラブ内部が空中分解する可能性もあり、ペレス会長は冷静な対応が問われることとなりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket