ボヌッチ退団のユヴェントス、ドルトムントからパパスタソプロス獲得を画策か?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ボルシア・ドルトムント所属のDFソクラティス・パパスタソプロス。
 ユヴェントスが、パパスタソプロス獲得を画策。

 先日、ACミランへDFレオルド・ボヌッチを売却したユヴェントス。
 推定4000万ユーロ程度の収益を得たユヴェントスが、新たな最終ラインの中心選手にパパスタソプロスに白羽の矢を立てたようだ。

 パパスタソプロスとドルトムントは2019年まで現行契約を残しているものの、この夏に退団の可能性を示唆しており、去就が注目されている。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 パパスタソプロスは、自身の去就について次のようなコメントを残した。

「 若ければタイトルを手にするまでまだ時間があるかもしれない。でも、自分はもう若くないし、時間はどんどん少なくなっていく。だけどどうしてもタイトルが欲しいんだ 」

 タイトル獲得を切実に願うパパスタソプロス。
 現在、パパスタソプロスは、ドルトムントのアジアツアーに帯同している。

 選手本人はドルトムント退団を示唆しており、ユヴェントスがドルトムントにどの程度のオファーを提示するか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket