フィオレンティーナ移籍が一転、ストーク・シティがヘセをレンタル契約で獲得へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 パリ・サンジェルマン所属のFWヘセ・ロドリゲス。今夏の移籍市場でパリSG退団が伝えられている。
 フィオレンティーナ移籍が報じられてきたヘセだが、一転してストーク・シティへの移籍で合意に達したようだ。

 昨年夏の移籍市場でレアル・マドリーからパリSGへ加入したヘセ。
 将来を有望視されパリSGへ加入したものの、ポジション争いに敗れ咋冬にラス・パルますへレンタル契約で移籍していた。

 ラス・パルマスとの契約期間が終了し、パリSGへ復帰したもののウナい・エメリ監督の構想から外れ、この夏に新天地を求めることが事実上確定していた。
 去就が注目されたヘセだが、ストーク・シティへ1年間のレンタル契約で移籍することがクラブ間で成立。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 ストークのトニー・スコールズCEOは、ヘセの獲得について次のようなコメントを残した。

「 パリSGが放出の許可を出した時から、ターゲットの一人だった。ヘセが私たちを選んでくれて嬉しく思う。パリSGでのキャリアは決して良いものではなかったが、彼はまだ若く、プレミアリーグで活躍するための野心を秘めている。彼の才能は、私たちの力になってくれることだろう 」

 マドリーでポジションを確保することができず、パリSGへ新天地を求めたヘセ。
 だが、フランスの地でもポジション確保に失敗し、レンタル契約で新天地を転々とする生活を、自身初挑戦となるプレミアリーグ挑戦で本来のパフォーマンスを披露することができるのだろうか?

 

LINEで送る
Pocket