バルセロナ、悲願第1号獲得へ、デンベレ獲得でドルトムントと合意

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ボルシア・ドルトムント所属のMFウスマン・デンベレ。かねてからバルセロナがデンベレ獲得に向け注力していた。
 報道によると、バルセロナは移籍金1億500万ユーロに加え最大40%のボーナスを加えた金額で交渉を締結したようだ。

 レンヌの下部組織出身のデンベレは、トップチームに昇格ご15−16シーズンにリーグ戦26試合に出場し12ゴールをマーク。
 この活躍が期待され2016年夏の移籍市場でドルトムントに加入。

 ブンデスリーガ初挑戦ながら、チームにフィットし大ブレイクを果たしていた。
 欧州全土に知れ渡る活躍でビッグクラブがこぞってリクルーティングをかけていたが、ついにバルセロナが競り落とすことに成功した。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 ドルトムント側は、最後まで移籍を阻止すべくガードを固めていたが、デンベレがステップアップとなる移籍を熱望。
 クラブ側にトランスファーリクエストを提出や、練習の無断欠席など強硬な姿勢を貫き続けてきた。

 タイミングもあったが、わずか2年という短い時間でフランスの下位チームからバルセロナへ上り詰めるシンデレラストーリーを成し遂げる位ことに成功。
 この夏、FWネイマールがパリ・サンジェルマンへ移籍したことから、その代役として大きな期待が寄せられている。

 クラブ史上2番目の移籍金でバルセロナ入団が決定したデンベレ。
 周囲からの期待は大きくなることは間違い無く、初のメガクラブ挑戦で自身のパフォーマンスを発揮することができるか注目が集まりそうだ。

 なお、近日中にデンベレはバルセロナのメディカルチェックを受け、これをパスすると正式契約を締結することとなる。

 

LINEで送る
Pocket