バルセロナ、ディ・マリア獲得で前進か?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 パリ・サンジェルマン所属のMFアンヘル・ディ・マリア。バルセロナがディ・マリア獲得に関心を示しているようだ。
 この夏、FWネイマールをパリSGに強奪されたバルセロナ。

 その穴を埋めるべく、複数の選手をリストアップし交渉を進めている。
 これまでリヴァプール所属のMFフィリペ・コウチーニョ、ボルシア・ドルトムント所属のMFウスマン・デンベレをターゲットとし交渉を進めてきた。

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 デンベレの去就には一定の成果があったようだが、コウチーニョに関しては苦しい交渉となっている。
 バルセロナは、コウチーニョが補強リストのトップに位置付けていることは間違いないが、交渉が進展せず、より安価な価格で獲得が実現できるディ・マリアにターゲットを変更しようと考えているようだ。

 バルセロナは、ディ・マリア獲得に移籍金4500万ポンドのオファーを用意しており、交渉はすでにスタートしている。
 レアル・マドリーでプレーし経験のあるディ・マリア獲得は、バルセロナにとって大きな戦力の上澄みとなる。

 戦術理解度が高く、独力で局面を打開できる点は欧州で高く評価される選手の一人。
 ディ・マリア獲得オペレーションにマドリーが一枚噛んでいるとの噂もあるが、本命であるコウチーニョ獲得を完遂できないのであれば、パリSGが売却の可能性を探るディ・マリア獲得が妥協の選択となるのだろう。

 

LINEで送る
Pocket