ナインゴラン、中国スーパーリーグ移籍が噂、サポーターは反発も交渉は継続

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ローマ所属のMFラジャ・ナインゴラン。突如として浮上したのが中国スーパーリーグ挑戦の可能性だ。
 今季よりファビオ・カンナヴァーロ監督率いる広州恒大がナインゴラン獲得に迫っているという。

 

 広州恒大は、ローマに対し総額5000万ユーロの移籍金の支払いを約束。
 ローマは、このオファーを建設的に捉えており、交渉を継続しているという。

 

 にわかに信じられない移籍騒動だが、交渉は大詰めを迎えているとされている。だが、この動きに待ったをかけようとしているのがサポーターだ。
 SNSや現地メディアで過激なコメントが多数寄せられており、ナインゴラン移籍に強く抗議。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 一方で、選手の年齢を考え移籍を容認するコメントを発するサポーターの存在もあり、ローマは二分しているのが現状のようだ。

 

 今季、ピッチ外で問題を抱えるナインゴラン。
 今季終了時点で30歳を迎え、サッカー選手としてのキャリアも円熟期に差し掛かる。

 

 ローマは、選手の売り時を逃さないクラブであることを考えれば、近年の中心選手の売却を決断する可能性も十分に考えられる。
 広州恒大とローマ。注目されるナインゴランの移籍オペレーションは、本当にサッカー後進国である中国移籍でまとまることとなるのだろうか?

 

LINEで送る
Pocket