セリ、バルセロナ移籍ならず、ニースが売却を拒否へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ニース所属のMFジャン=ミシェル・セリ。今夏の移籍市場でバルセロナが獲得に関心を示していたが、両クラブの移籍交渉が破談に終わったようだ。

 この夏、パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ獲得を逃したバルセロナは、新たなターゲットにセリを指名し獲得に動いていた。

 交渉は具体的なところまで進ん真ものの、ニース側がセリ売却に4000万ユーロと高額な移籍金を要求したため、現時点で交渉は保留となっている。

 これを受けたセリは、クラブの対応について憤慨し、次のようなコメントを残した。

「 1時間以上バルサの幹部と話し込んだ。その時は僕の移籍が破談になった、なんて聞かされなかったよ。僕は満足して家路に着いた、。そうしたら、次の日に移籍破談のニュースが出ていたんだ 」

WOWOW CL・EL日本独占放送

「 唖然としたよ。移籍が破談になる?理解不能だった。すぐにニースのオフィスに行って、説明を求めた。僕はそこで爆発してしまった。怒りあまって、壁をぶち壊してしまったよ 」

「 ニースの幹部は、僕に何も言ってくれなかった。目を見て話すことさえ、してくれなかった。何かが起こったんだ…そう思ったね。彼らは僕との約束を破った。契約にあるような移籍金ではなく、それ以上のお金を要求したんだ 」

 バルセロナとニースの間で何が起こったかは不明だが、間違いないのは移籍金の面で折り合わなかったことだろう。
 バルセロナ移籍目前とまでされていたセリ。
 中盤にテコ入れが必須のバルセロナがうつ、次なる一手はどのようなものなのか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket