シティの勧誘を断ったエヴァンス、1800万ユーロのオファーを拒否

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 ウェスト・ブロムウィッチ所属のDFジョニー・エヴァンス。静観を続けてきたエヴァンスに対し突如として訪れたのがマンチェスター・シティ移籍の可能性。

 

 報道によると、シティは移籍金1800万ポンドのオファーを2度にわたりウェスト・ブロムウィッチへ打診。
 だが、同クラブは、“ 売りに出せない ”とシティからのオファーを拒否したという。

 

 ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティ。指揮官のネームバリュー、そして大いなるぽ点差h流を秘めたクラブへの移籍は多くの選手にとって憧れの的であることは間違いない。

 

 現時点で、選手側の意向は明らかにされていないものの、クラブ間交渉が決裂した状態では、マーケット閉幕が近づいている現状を鑑みると、非常に難しい立場に追い込まれているというがの定説化?

WOWOW CL・EL全試合日本独占放送

 

 エヴァンスの去就にはシティ以外にもレスター・シティが獲得を画策しており、シティよりも安価な1000万ポンドのオファーを提示したものの、ウェスト・ブロムウィッチを口説き落とすことができなkぁった。

 

 エヴァンスは、ユナイテッドの下部組織出身選手でもある。ユナイテッドで数多くのタイトルを獲得したものの、徐々に出場機会が減少。
 出場機会を求めウェスト・ブロムウィッチへ新天地を求め、作為公式戦31試合に出場するなどこうパオーマンスを披露。

 

 レスターは争奪戦から事実上撤退したとみて間違いないが、シティは未だ諦めていない様子。
 グアルディオラ監督が、この夏にセンターバックの補強を画策しており、プレミアリーグでの経験が豊富なエヴァンスをトップターゲットとしており、マーケット閉幕まで交渉を続けていくこととなりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket