カバーニがパリSG退団を示唆? 来夏の移籍市場で争奪戦が勃発へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 パリ・サンジェルマン所属のFWエディンソン・カバーニ。カバーニに移籍の可能性を浮上した。

 事の発端は、リーグ・アン第6節のリヨン戦で勃発したFWネイマールとPKFKのキッカーを巡り、口論を繰り広げた事だ。

 パリSGにとって、両選手の共存はビッグイヤー獲得に向け必須の選手である。

 しかし、ネイマールがクラブ内のヒエラルキーを崩壊させる言動を繰り返しているのが現状で、チーム内に暗雲が漂っている。

 昨季、チームの中心選手として活躍したカバーニ。

 元来、中心選手として起用される事で、本来のパフォーマンスを披露する選手であることを考えると、現在のパリSGはカバーニにとって理想的な場所ではないのかもしれない。

 仮に、今季終了後にカバーニがパリSG退団を決断した場合、多くのビッグクラブが獲得に向け動くこととなるだろう。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 すでにチェルシーがカバーに獲得に乗り出したことが伝えられている。

 先日、FWジエゴ・コスタのアトレティコ・マドリー復帰が確定し、アントニオ・コンテ監督が前線の補強を画策していることもあり、カバーニが補強リストへリストアップされたという。

 カバーニ、そしてネイマールの間で大きな確執が生まれた現状を危惧したダニエウ・アウヴェスが、関係修復に向け食事会を開催。

 一応、両者ともこの食事会に出席したようだが、どこまで関係を改善できたが不明。

 パリSG加入以来、王様として振る舞おうとしているネイマール。

 FWズラタン・イブラヒモヴィッチの陰に隠れ、苦しいシーズンを過ごし、同選手退団でチームの絶対的エースとして君臨し続けてきたカバーニ。

 昨季、パリSGはカバーニのチームとなりつつあり、今季本領発揮が噂されていた。

 今年4月に2020年までの新契約にサインしたばかりであるが、果たして噂される通り、今季終了後に新天地を求めることとなるのだろうか?

 

LINEで送る
Pocket