ウォルコット、ついにアーセナル退団へ、エヴァートン移籍が正式決定へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 エヴァートンがアーセナル所属のFWセオ・ウォルコットを獲得したことを正式発表した。
 契約期間は3年半で2021年までクラブに在籍することとなる。

 

 なお、エヴァートンはアーセナルに対し2000万ポンドの移籍金を支払うことで合意に達したという。
 エヴァートン移籍が決定したウォルコットは、クラブの公式サイトを通じ次の通りコメントした。

 

「 僕はとても野心的で、クラブをさらに上回るレベルへと導くために移籍した。これまで加入した選手たちとともに、次のレベルに到達できると思っている。新たなステップのスタートにとてもワクワクしているし、ここが正しい場所だと感じているよ 」

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

「 次のステップに進むべき時だと感じた。悲しくもあったが、同時に楽しみでもあった。また新たなキャリアのスタートを切り、エヴァートンを再び勝利へと導けるよう貢献したい 」

 

 ウォルコットも、すでに28歳。2006年1月にサウサンプトンからアーセナルへ加入。12年間アーセナルで汗を流し公式戦397試合に出場し108ゴールをマーク。
 次々と最年少記録を塗り替え、アーセナルでの将来が期待されたものの、徐々にパフォーマンスが低下。

 

 今季は、リーグ戦でわずか6試合のみと出場機会の確保に苦しみ続けてきた。
 ロシア・ワールドカップでイングランド代表に召集されるべく、移籍を求め続けてきたが、エヴァートンへ新天地を求めることが決定し、代表再復帰に向けハードワークを続けていくこととなりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket