アレクシス・サンチェス、ユナイテッド移籍に大きく前進、シティは争奪戦から離脱へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェス。今冬の移籍市場でマンチェスター・シティへの移籍が濃厚とされてきた。
 冬のマーケットが折り返しを迎えたタイミングで突如として争奪戦に名乗りをあげたのがマンチェスター・ユナイテッドだ。

 

 ユナイテッドは、シティが用意した2000万ポンドの移籍金を超える2500万ポンドのオファーをアーセナルへ提示。
 一方で、選手側に対してもシティが用意したサラリー以上のオファーを約束している。

 

 この報道を受け、シティは現状を確認すべく選手側と接触。ユナイテッドのオファーを検討しているとの答えを受け激怒したようだ。
 一度は基本合意に達していたシティとサンチェスの契約は事実上白紙に。

 

 選手の動きに裏切りを感じたシティは、争奪戦から早々に撤退したようだ。
 これで、ユナイテッド移籍に大きく傾いたサンチェスだが、アーセナル側はユナイテッドに対し破格の条件を求めているという。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 報道によると、アーセナルはサンチェスの取引にMFヘンリク・ムヒタリアンの譲渡を求めているという。
 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、『 48時間以内に去就が決定する 』とコメント。

 

 これまで頑なに残留宣言を繰り返してきたヴェンゲル監督は、ついに白旗をあげ移籍が既定路線であることを認めた。
 ヴェンゲル監督は、2016年夏にボルシア・ドルトムントからユナイテッドへムヒタリアンが移籍した際、獲得交渉に乗り出していた経緯がある。

 

 ユナイテッドで出場機会を失いつつあるムヒタリアンの退団は、ジョゼ・モウリーニョ監督は大きなダメージを被るとは考えてない。
 現時点では、前述の通り移籍金2500万ポンドのオファーを提示しているとされており、交渉は大詰めを迎えていると言われている。

 

 長きにわたり注目され続けてきたサンチェス。一転してユナイテッドへ移籍が成立することとなるのか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket