アルダ・トゥラン、古巣アトレティコ復帰を熱望へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 バルセロナ所属のMFアルダ・トゥラン。2015年夏の移籍市場でバルセロナに加入したものの、本来のパフォーマンスを披露することができず、スタメン確保に至っていない。

 この夏、中盤のテコ入れに注力しているバルセロナ。
 ネイマールを売却し巨額の移籍金収益を受け、各ポジションの刷新を画策しているという。

 現在30歳のアルダ。世代交代を画策するバルセロナにとって、アルダは貴重な資金源の一人。
 バルセロナ退団が現実味を帯びてきたアルダは、移籍するなら古巣アトレティコ復帰を望んでいるようだ。

 この夏、新監督に招聘したエルネスト・バルベルデ監督の構想にアルダは含まれていない。
 よく言えば準レギュラー、クラブの補強動向によってはベンチ外も考えられる現場にある。

 年齢を考えれば、今夏の移籍市場で退団の可能性は十分に考えられる。
 実際にアルダの下にはガラタサライや中国スーパーリーグからのオファーが届いている。

 現状を考えれば、バルセロナ退団が既定路線とみられているが、選手本人が望むようなアトレティコ復帰という道はディエゴ・シメオネ監督が望んでおらず、選手の意向は叶えられることはないのかもしれない。

 

LINEで送る
Pocket