アルダ・トゥラン、バルセロナ退団は秒読みへ、トルコクラブの移籍で『 合意している 』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 バルセロナ所属のMFアルダ・トゥラン。今冬の移籍市場で母国トルコの移籍が噂されている。

 

 昨季、18試合に出場し3ゴールをマークするなど、限られた出場機会で結果を残し続けてきた。
 だが、今季エルメスト・バルベルデ監督の構想外となり、今季リーグ戦で未だ出場機会を得られていない。

 

 今冬の移籍市場での売却は既定路線とされており、母国トルコリーグのバシャクシェヒルやガラタサライ、フェネルバフチェといったチームがトゥラン獲得を目指している。
 中でも、移籍先として最有力候補とされているのがバシャクシェヒルだ。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 同クラブのアブドラ・アブジュ監督は、『 現在交渉中。バルセロナとの話し合いは難しいけど、問題があるとは思わない。目標美化金曜日には何かが決まると思う 』とコメント。

 

 バシャクシェヒルフロントも『 いくつかのじょうけではすでに合意している。あと何個かステップを踏めば、契約がまとまるはずだ 』とコメントしており、バシャクシェヒル移籍が間近に迫っている。

 

 残すは契約形態であり、バシャクシェヒルは買い取り義務を付与したレンタル契約での獲得を目指しているようだ。

 

LINEで送る
Pocket