アトレティコが“ 逆禁断の移籍 ”を画策か? 成長著しいマルコス・ジョレンテ獲得を熱望へ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 レアル・マドリー所属のMFマルコス・ジョレンテ。アトレティコ・マドリーがM・ジョレンテ獲得を狙っているようだ。
 報道によると、昨シーズンからリーグトップの守備能力を兼備するM・ジョレンテがチームの中盤に完全にフィットすると考えている。

 今夏の移籍市場でDFテオ・エルナンデスが、アトレティコからマドリーへ“ 禁断の移籍 ”を成し遂げたばかりで、両クラブの遺恨は益々深まるばかり。
 夏のマーケットで補強禁止処分が言い渡されているアトレティコにとって、積極的な動きをみせることができていない。

 だが、ここにきてM・ジョレンテ各渡航の話が再浮上したとされており、交渉は難しいことになるだろう。
 マドリーは、M・ジョレンテに消え役解除金は2億ユーロに設定。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 補強資金に限りのあるアトレティコにとって、マドリーが設定した契約解除金満額を支払うことは困難な状況に。
 マドリーとして問題なのは、M・ジョレンテ移籍に前向きな姿勢であるという点だ。

 MFカゼミーロのバックアッパーを務めることで今季チームに残留したM・ジョレンテ。
 クラブ内での熾烈なポジション争いひ巻き込まれており、簡単にシュル上記会を得ることができないのではないかと予想。

 が、ジネディーヌ・ジダン監督はM・ジョレンテのパフォーマンスを高く評価しており、今季一定の出場機会を与え成長を促すことは間違いないだろう。
 現状を考え、それでもM・ジョレンテがライバルチームへの移籍を決断することとなるのか注目が集まりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket