マドリーが続々と主力選手と契約延長へ、次なるターゲットはラファエル・ヴァラン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 レアル・マドリー所属のDFラファエル・ヴァラン。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドがヴァラン獲得に関心を示していた。

 

 だが、クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督が最後までヴァランの売却を望まず、移籍交渉は決裂。
 今後のマーケットを鑑みたクラブは、ヴァランと2022年までの長期契約をオファーし、選手側がこれを受け入れたようだ。

 

 ジダン監督が、マドリーでアシスタントを務めていた当時からヴァランのパフォーマンスに注視し続けてきた。
 フロレンティーノ・ペレス会長を口説き落としヴァラン獲得に成功。

WOWOW CL・EL日本独占放送

 

 将来の最終ラインの主軸選手へと成長が期待されている。近年は、伸び悩みと負傷の影響などもあり本来のパフォーマンスを披露することができていない。

 

 最終ラインのコンビを組むDFセルヒオ・ラモスの後継者としの呼び声が高いのは実情た。
 近年、殻を破れ切れるだけのパフォーマンスは披露できていないが、ジダン監督からの信頼は高い。

 

 残すは正式発表を待つのみ。
 この2週間という短い間で、主力選手と続々と契約延長を断行しているマドリー。

 

 未だくすぶるユナイテッドからの関心も、今回の契約延長で移籍の可能性を一蹴することとなりそうだ。

 

LINEで送る
Pocket