バロンドール候補30選手発表へ、メッシ、C・ロナウドの牙城を崩せるか?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

 2017年のバロンドール候補選手30名が発表された。
 2010年代、レアル・マドリー所属のFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナ所属のFWリオネル・メッシが分け合ったがバロンドール賞。

 

 次世代のビッグネームが選出され、両選手の牙城を切り崩すことができるか注目されている。
 順当のメンバーが選出される一方で、マドリー所属のFWガレス・ベイル、バルセロナ所属のMFアンドレス・イニエスタ、マンチェスター・ユナイテッド所属のMFポール・ポグバといった選手は惜しくも落選。

 

 成長著しいMFイスコやパリ・サンジェルマン所属のFWキリアン・ムバッペ等が名を連ねる。
 本命不在の2017年バロンドール賞だが、クラブレベルの結果を大きく反映されるなら、昨季マドリーの2冠に大きく貢献した、C・ロナウドが順当か?

 

 だが、C・ロナウドは今季厳しいシーズンを過ごしており、例年のインパクトは薄れつつある。
 今季、好調なパフォーマンスを披露しているメッシに関しても、クラブのタイトルを獲得することができておらず、ややインパクトに欠ける。

 

 果たして2017年のバロンドール賞。どの選手が受賞することとなるか注目が集まる。
 なお、ノミネートされた30選手は次の通り。

 

 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント/ガボン代表)
 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード/フランス代表)
 レオナルド・ボヌッチ(ミラン/イタリア代表)
 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス/イタリア代表)
 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ代表)

WOWOW CL・EL日本独占放送

 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/ブラジル代表)
 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/ポルトガル代表)
 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U/スペイン代表)
 パウロ・ディバラ(ユヴェントス/アルゼンチン代表)

 エディン・ジェコ(ローマ/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表)
 ラダメル・ファルカオ(モナコ/コロンビア代表)
 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
 マッツ・フンメルス(バイエルン/ドイツ代表)

 イスコ(レアル・マドリード/スペイン代表)
 ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
 エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス代表)
 トニ・クロース(レアル・マドリード/ドイツ代表)
 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)

 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
 サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル代表)
 マルセロ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
 ドリース・メルテンス(ナポリ/ベルギー代表)
 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)

 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
 ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)
 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/スロヴェニア代表)
 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)
 ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)

 

LINEで送る
Pocket